教育資金



教育にかかる資金

 

 

子どもの教育にかかる資金は、幼稚園から大学まで全部公立(国立大)で自宅から通学した場合、1046万円かかります。これが私立だとなんと2787万円もかかるのです。また大学通学にアパートなど借りればその費用はずっと膨れ上がります。

 

 

家庭によって考え方は様々だと思いますが、通常は幼稚園から小学校、中学校、高校、大学とすすむにつれ、教育費の負担はどんどん重くなっていきます。負担のアップに合わせて、収入もどんどんアップするなら問題ないかもしれませんが、今の時代は収入があがるというよりこの10年間は下がり続けています。

 

 

親としては「子供には理想的な教育を受けさせたい!」と真剣に考えていても、しっかり準備をしていかないと「ウチはお金がないから、その学校はダメ」という悲しい状況に陥る可能性があります。

 

 

教育資金は生まれた時点で必要となる時期が決まる、という意味では「計画がたてやすい資金」といえます。お子さまの将来の選択肢を広げるだけでなく、親であるあなたの将来の生活を安定したものにするためにも、早いうちからしっかりとプランをたてることが大事です。

 

 

では、家計からひねり出すことが難しい教育資金とはなんでしょう?それはズバリ「大学・私学・留学」にかかる教育資金です。一般的な家計では、子どもの学費が年間100万円以上かかるようになると貯蓄を取り崩す必要がでてくるのではないでしょうか。3大教育資金がかかる可能性のある家庭においては、やはり早い段階でいくら位がいつまでに必要か確認して、準備する必要があるでしょう。