教育資金



教育ローンの選び方

 

 

教育費のローンを組むなら、子育て教育費専用のローンが断然有利です。教育費を確保するために融資を受ける方法は教育ローン以外には奨学金制度があります。奨学金は本人が、教育ローンは親が返済するものです。融資金額がそれほど高くなくて、かつ返済にはいくつか条件があることが奨学金の特色です。

 

 

財政的な事情や当人の将来ビジョン次第では、奨学金を利用する方が何かと都合がいいこともあります。時には教育ローンよりも優先して検討してもいいでしょう。

 

 

教育ローンには、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関が行うものがあります。融資の手続きを行うと、返済力を見極めるために勤続年数や月収などの審査があります。返済時には、利息がつくことも考えながら借入を行いましょう。申し込みから融資までどれだけのお金がかかるものか、金利や返済日とは別に調べておきたいものです。

 

 

手頃な教育ローンを選ぶ時には、申し込み時にかかる手数料や印刷代、書類を取り寄せる際の必要経費なども考えるといいでしょう。

 

 

学生の間は金利のみ返済すればよい教育ローンや、キャンペーン期間に借り入れすることで金利や手数料がお得になる教育ローンなど、情報収集は重要です。子供が1人立ちしたら親がどこでどのような生活をするかや、教育資金以外にもかかる子育て費用のことも考え、ライフプランに合う教育ローンを選びましょう。