教育資金



教育資金は貯蓄派とローン派に

 

 

子供を育てるための資金は、貯金から払う方法とローンを組む方法とがあります。1人の子供が大学を卒業するまでにかかるお金は2,000万円という計算もあるくらいですから、十分な教育を与えるためには計画的な資金運用が必要です。高校や大学への進学費用、学費の全てを貯蓄で補うのか、それとも教育ローンで補うのか方法は分かれます。貯蓄をせずに全てを教育ローンに頼る場合も考えられます。

 

 

子供が社会人になるまでにかかる費用は教育費だけでなく、娯楽費や被服や部活に関係する費用などもあるでしょう。車の買い換えや、家の建て替えやリフォームなど、教育資金以外にもお金を確保したい出来事も起こりえます。入学、卒業、就職、退職など親と子供の予定を書き出してライフプランを作成してみれば、マイホームや子育て費用についての資金計画も明確になります。

 

 

教育ローンを組む必要があるか、あるならいつどのくらい必要かなど、長期で考えた時の費用や貯金の目途をつけてから検討をした方がいいのではないでしょうか。子供が就職をして社会人になったと思いきや、すぐに退職をしてしまい新たに進学や資格取得のための教育費がかかることになってしまった例も少なくないようです。新たな教育費用が必要になり、前のローンが完済していないにもかかわらず新規の教育ローンが必要となったりもします。

 

 

住宅ローンなどと教育資金の違いは、教育費はいつどのくらいの金額が必要か見通しが完全には立たないことです。そのため、できれば貯金だけでやりくりしたいものです。教育ローンは、できれば補助的な役割を果たすものとして貯蓄からの出費とうまくバランスを取っていきたいものです。